ワクワクメールで使える機能とその詳細。よく使う機能はコレ!

    

ワクワクメールで使える機能とその詳細

まず、ワクワクメールは、web版とアプリ版がありますが、Web版の方がゲームや占い、アバター等の設定が出来る為、出会う事以外にも色々楽しむ事が出来ます。
特に、私が出会う事を目的として利用しているのが、メールや伝言板の機能です。
勿論女性は、メールも伝言板も無料で利用出来るのですが、男性は課金制の為、伝言板で連絡を取る人が多いです。
伝言板は、全員に公開される物と、ひそひそメールと言う、2種類があり、伝言板の設定から簡単に、ひそひそメールしか受け取らない状態にする事も出来ます。
全員に公開される物は、男性もポイントを消費せずに書き込める為、プロフィールや自分の伝言板に『ひそひそメールを解除してから連絡を取りたい。』と書き込んでいる男性もたまに見掛けます。
ひそひそメールは、やり取りする二人だけしか見られない機能で、男性は2ポイント消費しますが、メールは、一通送るのに5ポイント消費するので、少ない消費で済みます。
伝言板の文字数は、どちらも60字で、メールは1000字書く事が可能です。
また、アプリ版にはありませんが、通話機能があり、番号を知られる心配はなく、無料で通話を楽しむ事が出来る機能もあります。

 

私も、一度だけその機能を利用して、男性と知り合う事が出来た事があります。
初めは、友達が出来ればと言う、軽い気持ちからだったのですが、繋がった相手が声フェチの男性で偶然、同県に住んでいると言う事から仲良くなれ、通話の最後にお互い、ニックネームを言い合い、プロフィール検索で探し、サイト内でメールをするようになりました。

毎日メールしていると、好きなアーティストや、曲も同じである事が分かり、二日間で意気投合してLINEのiDを交換しました。
すると、交換した初日に早速無料通話が掛かって来たので、抵抗なく出ると「やっぱり君の声って可愛い。ずっと聞いていたい。」と言われたので、むきになって「馬鹿にしてるんですか?可愛いだなんて。」と言いました。
私は、アニメ声で、幼少期から、声の真似をされ、からかわれ続けたので、自分の声を、どうしても好きになれませんでした。
すると、落ち着いた態度で「どうかしたの?可愛いって誉めただけなのに。」と言われたので、俯いて「実は、自分の声が好きになれないんです。確かに、回りの人には可愛いとか、癒されるとか言われますけど。」と言うと「それって、いい事なんじゃないかな。だって声で誰かを癒すなんて、安易に出来ない事だし。」と言われたので、その日から、自分の声を少しだけ好きになる事が出来ました。

 

その後、男性とは、連絡をたまに取り合う仲ですが、恋愛関係には発展していません。
ワクワクメールは、web版の方が圧倒的に機能が、充実しているので、お勧めします。