YYCで映画好きのお兄さんと遭遇!?エリカの出会い系体験記第2話

    

私、エリカといいます。
横浜生まれ、横浜育ちの23歳。
こういうと、「華やかでいいね」って言われるんですけど、横浜すべてがみなとみらいみたいなキラキラした場所じゃないんですよ!?
横浜でも、私は田舎の方の出身です。

あ、今年、社会人になりました。
女子高、女子大育ちなうえ、就職したのが損害保険会社。
社内は女子(+とわずかなおじさん)ばかりで出会いがありません。
合コンや街コンにも行ってみたものの、良い人はいませんでした。

そこで、使い始めたのがマッチングアプリのYYC。
使い始めてから2週間経ちましたが、いろんな男の人からアプローチが殺到していて、出会いに困らなくなりました。
さて、今回はどんな人とマッチングしたのかな?

Bさんとの出会い

 

マッチングしたのは、Aさんに続いてまた同じく神奈川県民!
年齢が少し離れているのと、身長が低いのがひっかかりますが、不動産業っていうのがよさそう。
不動産業って、儲かってそうじゃありませんか?笑

横浜の田舎出身という共通点発見!
そうそう、横浜っていうと、都会だって誤解する人、多いんですよね。

Bさん、大和かぁ。
日吉の私でも、大和は田舎だと思う 笑

まさかの共通の趣味がないっていうね 笑

普段あまり映画を見ませんが、コナンだけは見に行きたいと思っています!

Bさんからまさかの映画デートの誘いです!
・・・でも、初デートが映画ってハードル高くない?
暗闇の中で真横に並ぶんだよ!!??


Bさんに押され、デートの予定が決まってしまいました・・・・・!!!!

私に会うために筋トレしてくれるそうです 笑
このあとLINEに移行し、桜木町の横浜ブルク13でコナンを見ることになりました。
まさか初対面で映画を一緒に見ることになろうとは・・・。

 

Bさんとのデート!
6月2日の桜木町駅前で待ち合わせです。
日差しが強いですが、海が近い桜木町。
さわやかな潮風が通り抜け、そこまで暑さを感じません。
雲一つない空を見上げていると、声をかけられました。

B>エリカちゃん?

Bさんはやはり小柄で、わかってはいたもののガックリしました。
顔は、森山未來とか星野源のような、最近人気の塩顔系です。

私>はじめまして、エリカです。

B>ああ、よかった~。
  YYCの写真よりもかなり可愛いね。

私>写真写りが悪いってことですか?笑

B>そうじゃないよ~。

ふざけあいながら、映画館に向かいました。

B>あ、俺、チケット買っておいたんだ。
  後方の真ん中だけど、よかったかな?

私>ありがとうございます!
  お金、払いますよ!
  1,800円ですよね?

B>チケット代はいいよ!
  俺のおごり!

私>えー、でも悪いですよ・・・。

B>じゃ、飲み物はエリカちゃんのおごりね!

こういう気遣いは、同年代の男子じゃできないなー。
結局Bさんが多く負担してることには変わりありませんが、気が楽です。
110分間のコナンの映画は、あっという間でした。
隣にBさんがいることを忘れてしまうくらい、夢中になってしまいました。

私>コナン、やっぱり面白かったですね!
  見てよかった!

B>でしょ?
  俺が誘ってよかったでしょ?

桜木町駅近くのカフェで、お茶をしながら話が弾みます。

私>Bさんは、普段どんな映画を見るんですか?

B>こういう大衆映画も見るし、ミニシアター系も見るね。
  俺、早稲田に通ってたから大学時代はよく早稲田松竹に通ってたな。

私>早稲田松竹、聞いたことはありますね。

B>あそこは有名だよ。
  エリカちゃんは、映画は何で見ないの?

私>途中で飽きちゃうんですよ。
  今日のコナンは大丈夫でしたけど。
  途中でスマホいじりたくなっちゃう 笑

B>なるほどね。
  たしかに、退屈な映画だとそうかも。

いよいよ本題へ

私>Bさんは彼女いないんですか?

B>いないからYYCしてるんだよ。
  エリカちゃんは?

私>私もいないんですよ。

B>YYCでいい人いた?

私>はじめたばかりなのでなんともいえないですねー。

B>そこは俺を挙げようよ 笑

私>あ、そうですね 笑

Bさん、ノリのいい人なんだけど、軽すぎるかも。
私の彼氏になる人は、もっと落ち着いた人がいいな。

【大見出し】Bさんとのその後
Bさん、悪い人ではないんですけど、軽いノリが嫌で、連絡をとらなくなりました。
YYCにはもっと出会いがたくさんあるから、気を落とさないで次に行こう!