YYCでエ出会ったのはオシャレなデザイナー!!エリカの出会い系体験記第8話

    

【タイトル】YYCでエ出会ったのはオシャレなデザイナー!!エリカの恋活体験記第8話

【大見出し】導入文
私、エリカといいます。
横浜生まれ、横浜育ちの23歳。
こういうと、「華やかでいいね」って言われるんですけど、横浜すべてがみなとみらいみたいなキラキラした場所じゃないんですよ!?
横浜でも、私は田舎の方の出身です。

私は女子高、女子大育ちなうえ、就職したのが損害保険会社。
社内は女子(+とわずかなおじさん)ばかりで出会いがありません。
それなら・・・最近話題のマッチングアプリに手を出してみることにしました。
そのマッチングアプリとは、YYC。
ネットの評判が良かったんです。

Hさんとの出会い

いつものようにYYCを開くと、すごくきれいな顔の男性の写真を発見!
さっそく、メッセージを送ってみることにしました。

私>はじめまして!
  プロフ写真の顔が綺麗だったのでメッセージしました!
  よかったら仲良くしてください!

H>えりかさんはじめまして!
  メッセージありがとうございます。
  実物は全然ですよ。
  最近のカメラは性能が良くなってますからね笑
  えりかさんは横浜のどの辺にお住まいなんですか?
  僕は都内の北区に住んでます。

私>北区って赤羽があるあたりですよね。
   友だちが住んでます!
   私は東横線日吉駅よりももっと北の方です。

この後、しばらくメッセージが続き、一度会ってみようという話になりました。
こんなイケメン、周囲にいないので緊張します!

Hさんとのデート!
6月上旬の新宿駅西口。
関東の梅雨入りが発表され、毎日しとしとと雨が降り続いています。
嫌だな・・・せっかくイケメンと会うのに、髪がうねっちゃう。
陰鬱した気分でいると、声をかけられました。

H>エリカさん?

声をした方向に顔を向けると、ビックリ。
韓流スターのような輝かしいイケメンが立っていました。

私>あ・・・・・Hさん・・・・。

H>よかった!
  ごめんね、こんな人が多いところを待ち合わせ場所に選んじゃって。
  行こうか。

Hさんに連れてこられたのは、新宿駅西口の地下道直結の高層ビルのレストランです。
Hさんの顔を直視できないでいると、Hさんが気を遣ってくれました。

H>どうしたの?
  体調悪い?
  ここのとこ、雨が続いてるからね。

私>違うんです。
    思った以上にHさんがかっこよくて・・・。

H>なんだ・・・そんなことだったんだ。
   身体は大丈夫なんだね。
   それに俺、そんなにイケメンではないと思うけど。

仕事の話

私>YYCのメッセージでは聞いてなかったんですけど、Hさんってどんなお仕事されてるんですか?

H>デザイナーだよ。
  洋服とかバッグとかのデザインをする仕事。

Hさん、顔だけじゃなく、ファッションも洗練されていると思ったら、ファッションデザイナーだったのか。

私>オシャレですね!
  カッコイイ!

H>よくそう言われるんだけど、実際には地味な作業が多いよ。
   締め切りに間に合わなくて何日も徹夜でデザイン画を描くことも多いし。

いよいよ本題へ

私>ファッション業界にいるんならおしゃれな美人がたくさんいるでしょうに、なんでYYCをしてるんですか?

H>ファッション業界は狭いんだよ。
   その中で恋愛沙汰でトラブルになると、仕事がやりづらくなるんだ。
   あと、ファッション業界は女性が多いから、怖いしね。

私>なるほど。

H>それに、違う業界の子と付き合えば、いろいろと視野が広がるじゃない。
   同じ業界にいたら、いろいろと感覚がマヒするんだ。

私>というと?

H>うーん・・・ファッション業界にいると、雑誌に取り上げられるような、華やかな商品のデザインをしがちあんだよね。
  でも、日常的に使うのってまた違うものじゃない。
  そういう一般的な感覚?を見失っちゃうんだよね。

私>なるほど。。。。

H>エリカさん、普通のOLさんだし、ファッションとか見てても参考になるよ。

私>やだ・・・今日そんなにオシャレしてきてない・・・。
   普段着ですよ。

H>普通のOLさんにも買える商品を作りたいなって思ってて、エリカさんの話をもっと聞きたいんだけど、どう?

私>私で良ければ・・・いくらでも。

【大見出し】Hさんとのその後
Hさんとは、その後も会う関係になりました。
何度も会ううちに、Hさんの顔を直視できるようになりました笑
Hさんと付き合ってるのかって?
そんな関係ではありません。
あくまで、お友だちかな。